AGAの概要を知る

髪がぐしゃぐしゃ

脱毛症と同義のように扱われることもある、AGA。この言葉を聞く機会は多くありますが、実際のところ、AGAとはどのようなものなのでしょうか。
AGAは確かに脱毛症のひとつで、脱毛症を代表する症状でもあります。しかし、数ある脱毛症のなかのひとつ、という扱いであることをまずは把握しておきましょう。
AGAを日本語でいうなら、「男性型脱毛症」となります。つまり、男性に多くかかる脱毛症ということです。ここで注意したいのは、男性のみにかかる脱毛症というわけではない点です。男性に多いため「男性型」と名前がついていますが、女性にもAGAの症状があらわれることはあります。

AGAは、男性ホルモンが直接的な原因だといわれています。遺伝や、外部から受けるストレスなども発症に関わっているとされていますが、直接的には男性ホルモンが作用します。その男性ホルモンは「テストステロン」と呼ばれており、このホルモン単体では特に有害というわけではなく、むしろ男性的な身体の形成に大きな役割を持っています。これがこと頭髪となると、脱毛症を呼び起こしてしまうのです。
そのためAGA治療においても、このテストステロンへアプローチする方法が取られます。ほかのアプローチを行うAGA治療もあります。いずれにせよ、どのような原因でAGAが発症しているのかをきちんと知る必要があります。というのも、AGA治療を進めようにも、その人に合った治療・合わない治療というものが存在するからです。それを判断するには、ある程度は自身でも可能ですが、医療機関に頼ることが確実だといえます。

新着リスト

還元酵素の影響

くしと頭

還元酵素の影響

5αリダクターゼがテストステロンをジヒドロテストステロンへ変えてしまうことにより、AGAが発症します。そのため、AGA治療のためにもこの5αリダクターゼの働きを抑えることが注目されています。

抑制するAGA治療

刺激を与える

抑制するAGA治療

AGA治療薬に含まれている成分のなかで、フィナステリドは5αリダクターゼの抑制という方向に作用します。そのためAGAの症状をストップさせることが可能で、多くのAGA患者に有効だとされています。