アプローチの仕方

若禿

AGAは遺伝的要素の強い脱毛症だといわれています。そのため、AGAを発症してしまうと「もうこのままハゲが進行してしまう」と諦めてしまう人もいるかもしれません。しかし、AGAの進行は止めることができますし、一度脱毛してしまった部分にまた髪の毛を呼び戻す「発毛」をすることも十分に可能です。

AGAに対するアプローチは、現在いくつか種類があります。
最も一般的だと思われるのは、育毛剤を使用したケア方法です。頭皮に直接塗るタイプが一般的で、基本的にはそれなりのニオイを伴うものですが、日中にもつけられるように無香料のタイプも存在します。
ただ、これは「AGA治療」とはなりません。治療とは医療機関が行うものであって、市販薬を使用するのは確かに「治すため」のアプローチとはなりますが、「治療」とはならないのです。というわけで育毛剤はAGA治療とはなりませんが、効果がないわけではありません。自分に適したものを使用すれば、頭皮の環境をよくすることが可能です。

育毛サロンへ行く、という方法もあります。ただ、これもAGA治療ではない点に注意が必要です。カウンセラーが常駐しているところもあり、真摯に話を聞いてくれるところが利点といえますが、医療従事者がいないという特徴があります。医療従事者がいないため、サロンと名乗っているのです。ヘアケアや、あるいはAGAの予防としては十分に利用する価値があります。

最も確実だといえるのは、医療機関を受診することです。AGAは、単に頭皮環境が悪化していたりストレスによるものだったりといった他の脱毛症とは違い、体内環境が大きく関連してくる脱毛症ですので、医学的な専門知識が治療には不可欠です。そのため、医療機関に頼ることで自分のAGAの状態を知ることができ、適切な治療を選択することもできるのです。

新着リスト