発毛するAGA治療

育毛剤

フィナステリドと呼ばれるAGA治療薬の成分は、5αリダクターゼという還元酵素の働きを抑制し、AGAの原因となるジヒドロテストステロンを生成させない効力を持つものです。5αリダクターゼの働きがAGAを引き起こすというのは確定的な原因であり、フィナステリドは確実な原因療法が行える成分だということもできます。もちろん、確実なAGA治療のためには、フィナステリドがきちんと効くように医師の診断を受けることが望ましいといえます。

フィナステリドのほかにも、AGA治療に効果的な成分はあります。それがミノキシジルと呼ばれているもので、フィナステリドと双璧を成す成分だとされています。
ミノキシジルは、5αリダクターゼには作用しませんが、代わりに血管を拡張させて血行を促進させる効果を持ちます。この効果は何をもたらすのかというと、毛髪へ十分な栄養素を届ける役割があるといえます。
AGAは、男性ホルモンの働きが原因といわれているため、その点を考えるとミノキシジルは原因を根本的に取り除く効果はないといえます。しかしフィナステリドだけでは脱毛してしまった箇所はそのままなので、そこに新たに髪の毛を復活させる方法として、ミノキシジルが重宝されるのです。

ミノキシジルはもともと、高血圧患者のために開発された薬でした。血管が緊縮することで血圧が上がってしまうため、血管の緊張をほぐして拡張させるミノキシジルは高血圧の症状を緩和する力があるのです。血流がよくなると、体の末端の毛細血管へも栄養素が届けられやすくなります。そのため頭皮にも栄養素がよく届くようになり、新たに髪の毛が生えてくるための土台を作ることができる、というわけです。

新着リスト