男性ホルモンの話

毛根が弱まる年齢

AGA治療においても重要なポイントとなる、男性ホルモンについての話を紹介します。
AGAは、男性ホルモンが影響して発症する脱毛症です。ホルモンが大きく関係しているのがほかの脱毛症と異なる点であり、AGA治療を難しくしている点でもあります。ただ、難しいといっても不可能ではなく、しっかりしたアプローチをすれば治療は十分に可能です。

AGAに関係してくる男性ホルモンは、テストステロンです。テストステロンは代表的な男性ホルモンであり、男性的な体つきを作るのに貢献しています。つまり、筋肉や骨などの成長を司っており、このホルモンがないと体がきちんと成長しないといえます。反対の効果を持つのがエストロゲンという女性ホルモンで、これは女性らしい体つきを作るのに貢献します。テストステロンはさらに、性欲に関しても重要な役割を果たします。

テストステロン自体はさらに、体毛の成長にも関わっており、ヒゲやその他の体毛が生えてくるのはこのテストステロンによるものです。これがなぜ脱毛症につながってしまうのかというと、頭皮においては「ジヒドロテストステロン」という別のホルモンへと変わってしまうことが原因となっています。
ジヒドロテストステロンはテストステロンよりも活性度が高く、刺激の強いホルモンとなっています。これが毛乳頭のなかに入り込むと、毛髪を刺激し、成長しきる前に脱毛させてしまうのです。

新着リスト