還元酵素の影響

くしと頭

AGAは頭皮環境が悪くなって脱毛してしまうというよりは、男性ホルモンの働きによるところが大きい脱毛症です。その働きの概要は、代表的な男性ホルモン「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」に変わることにより、髪の毛にダメージを与えてしまうというもの。この変化は、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素によるものだとされています。

5αリダクターゼとは、テストステロンが毛細血管から頭皮へと到達した際、ジヒドロテストステロンへと変えて毛乳頭へ侵入できるようにしてしまうもの。この酵素は人間がもとから持っているものであり、食べ物によって増減されるわけではありません。
そのため、AGAの直接的な原因はジヒドロテストステロンですが、根本的な原因はこの5αリダクターゼだということができます。つまり、5αリダクターゼの働きを抑制することで、AGA治療の効果も見込めるのです。

ちなみに5αリダクターゼは、遺伝するといわれています。もう少し詳しくいうと、5αリダクターゼの量や活発性が遺伝情報として子孫へ受け継がれるため、生まれながらにして、5αリダクターゼがどのように働くかが決定されているのです。これが、AGAが遺伝する脱毛症だといわれる所以です。もちろんAGA治療においても、この点を逃すことはなく、5αリダクターゼの働きを抑制するための研究が現在も進められています。

5αリダクターゼには、二種類あるといわれています。それぞれ、1型5αリダクターゼ、2型5αリダクターゼと呼ばれています。これらは存在している場所が異なり、1型5αリダクターゼが皮脂腺に多く存在しているのに対し、2型5αリダクターゼは毛乳頭に多く存在しています。ジヒドロテストステロンは毛乳頭にて髪の毛へダメージを与えてしまうことから、より確定的な原因、よりAGA治療においてポイントとなるのは2型5αリダクターゼだといわれています。

新着リスト