抑制するAGA治療

刺激を与える

AGA治療薬によるAGA治療は、主に二つのパターンから行われます。ひとつは、脱毛しようという働きを抑制しようというもの。もうひとつは、脱毛してしまった箇所の髪の毛を再生させようというものです。

そのうち脱毛の働きを抑制する効果を持つのは、フィナステリドと呼ばれる成分です。フィナステリドが含まれる育毛剤は、現在日本ではその多くが医師の処方を必要とするものです。海外製であれば、通販を利用して入手することは可能です。しかし、フィナステリドが効かないAGA患者も存在するので、フィナステリドは万能薬ではないといえます。

フィナステリドは、5αリダクターゼへと作用する成分です。5αリダクターゼとは、人間が元から持つ還元酵素のことで、男性ホルモン:テストステロンをジヒドロテストステロンへと変化させます。このジヒドロテストステロンが髪の毛を攻撃し、脱毛させてしまうとされています。フィナステリドには5αリダクターゼの働きを抑制する効果があるので、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることができ、AGAの症状を緩和することが期待できます。

フィナステリドが効果を発揮するのは、5αリダクターゼのなかでも2型5αリダクターゼだけだとされています。2型5αリダクターゼは毛乳頭へ多く存在し、ジヒドロテストステロンが暴れるのもこの毛乳頭なので、フィナステリドは多くのAGA患者に効果的だと考えることができます。しかし、症例としては少ないと考えられていますが、1型5αリダクターゼの量が多くてAGAになる場合もあるので、その場合はフィナステリドは十分な効果を発揮しません。
また、フィナステリドはあくまでAGAの症状をストップさせるAGA治療薬であって、すでに抜けたところから髪の毛がまた生えてくるわけではない、という点には留意する必要があります。

新着リスト